クロストーク株式会社

愛知県一宮市の運動特化型リハビリデイサービス/訪問看護(リハビリ)

研究内容の発表

学術大会での発表や論文、講演会等の業績をご紹介。

学術大会の発表

発表者 (役職) 演題 学会名 場所 発表日
大塚 亮 (PT) γ-nail (Gamma3 U-lag screw) 術後の体幹アプローチが歩行速度向上に起因した一症例 (共同演者) 第32回東海北陸理学療法学術大会 岐阜 2016.10
膝窩動脈と膝窩静脈平滑筋収縮におけるL-type Ca2+ channels の役割は相違する 第51回日本理学療法学術大会 北海道 2016.05
ウサギ自家動脈グラフトと静脈グラフトの内皮機能変化(共同演者) 第89回日本薬理学会年会 神奈川 2016.03
ラット膝窩動脈と膝窩静脈では血管弛緩反応が異なっている 第57回平滑筋学会総会 山口 2015.08
2型糖尿病ラットの膝窩静脈ではα1受容体の収縮機能が減弱する 第50回日本理学療法学術大会 東京 2015.06
Effects of vildagliptin on endothelium-dependent relaxation in rabbit vein graft.
ウサギ静脈グラフト血管の内皮依存性弛緩反応に対するビルダグリプチンの作用. (共同演者)
第88回日本薬理学会年会 愛知 2015.03
半日運動特化型デイサービスと訪問看護ステーション併用が歩行距離の延長に起因した一症例 第24回愛知県理学療法学術大会 愛知 2015.03
α1受容体活性化による収縮に関与する受容体サブタイプはラット膝窩動脈と膝窩静脈で異なる 第56回平滑筋学会総会 神奈川 2014.08
ラット腓腹および前脛骨動脈でのα2-アドレナリン受容体によるノルアドレナリン収縮制御(共同演者) 第49回日本理学療法学術大会 神奈川 2014.05
α1-アドレナリン受容体による収縮に関与するサブタイプ受容体はラットの膝窩動脈と静脈で異なっている 第49回日本理学療法学術大会 神奈川 2014.05
ラット膝窩動脈と膝窩静脈におけるノルアドレナリン収縮に関与するαアドレナリン受容体の特徴 第55回平滑筋学会総会 北海道 2013.08
ラット膝窩動脈と静脈のノルアドレナリンによる収縮調節に関与するβアドレナリン受容体サブタイプ 第123回薬理学会近畿部会 愛知 2013.07
ラット腓腹および前脛骨動脈におけるアドレナリン受容体による収縮調節機構の相違(共同演者) 第48回日本理学療法学術大会 愛知 2013.05
膝窩動脈および膝窩静脈におけるノルアドレナリン収縮に関与するアドレナリンサブタイプ受容体の特徴 第48回日本理学療法学術大会 愛知 2013.05
教示方法の違いによる繰り返し動作への影響 -アーチェリー動作による角度のばらつきによる検討- 第44回日本理学療法学術大会 東京 2009.05
発表者 (役職) 演題 学会名 場所 発表日
南 公大 (PT) 前庭リハビリテーションによりめまい症状が改善した脊髄損傷利用者の一症例 第30回東海北陸理学療法学術大会 静岡 2014.11
発表者 (役職) 演題 学会名 場所 発表日
加藤 良典 (PT) 運動特化型デイサービスにおける脳卒中利用者の身体機能の変化 (第一報) 第31回東海北陸理学療法学術大会 石川 2015.10
発表者 (役職) 演題 学会名 場所 発表日
松原 朱里 (PT) 訪問リハビリテーションにおけるリスク管理の一要因である薬物服用の調査 第26回愛知県理学療法学術大会 愛知 2017.03
頚髄損傷を患った症例の腰背部痛に対する薬物療法と理学療法の併用による効果 第25回愛知県理学療法学術大会 愛知 2016.03

論文掲載

著者 (役職) 内容 掲載 掲載日
大塚 亮 (PT) 深部静脈血栓症 リハビリテーション医学テキスト 第4版 三上真弘監修 (共著) 2016.08
難病疾患に対する訪問理学療法の実際 理学療法.Vol.33 2016.07
Dipeptidyl peptidase 4 inhibitor reduced intimal hyperplasia in rabbit autologous jugular vein graft under poor distal runoff.(Koyama A, Komori K, Otsuka R, Kajikuri Y, Itoh T) J Vasc Surg. 2015.02
末梢動脈の循環不全の病院・病態と医学的治療の概要(共著) 理学療法.Vol 31 2014.10

利用者の声

スタッフ募集